ngk
起きてます
[ngk] [search] [del] [***]

モード: 上書き用パスワード: ウィンドウ:

サイズ: x (100 x 100) - (800 x 800) 情報非公開

パスワード

イラストの情報 サムネイル
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [前の5件] [次の5件]

log [..800] [..810] [..820]

[853] 0211
[作者検索]

yamato 2020/2/11 (Tue.) 23:23:35
今年描いてて初めて、ギルデンスターンの髪型が
内巻き? シャギー?になってることに気づいた。
ベイグラアニバーサリー終わったけど
次に描くものが決まらないので延長戦。

観た映画
「Mr. ホームズ」
イアン・マッケランの方のホームズ。映画館で予告だけ見たことがあった。
ホームズの完全性(完全か?)が好きな人には
辛いシナリオかもしれない、90歳を過ぎている。
見ていて「イアン・マッケランこんなにヨボヨボだったっけ! 悲しい!」
と思ったけど、ヨボヨボの演技だった…すごい。
音楽がとてもよかった、そのままサントラCDを探しに行ったら
1万えん超えてた。
[上書き] [コメント]

[852] 0128
[作者検索]

yamato 2020/1/29 (Wed.) 00:19:36
あっ セーブボタンが機能した!
画像ダブっちゃったけどどうしよう
上書きできるのかな

Re:0128
yamato 2020/2/11 (Tue.) 23:25:24
上書きもできることは確認したけどこのまま放置。
ちなみにこの記事の絵がアプレットからそのまま投稿したもの、
下の記事の絵はスクショしてpsで彩度を+20してpng保存したもの。

[上書き] [コメント]

[851] 0128
[作者検索] *アップロード画像

yamato 2020/1/29 (Wed.) 00:15:15
創作の才能がない…
一から十まで作る必要はないとわかっているし
一番の近道はおそらく「●●に××させたい/してほしい」
という欲求だと考えられるんだけど、
基本的にそういうこと考えないな、才能がない。
まあわからなくても、一個ずつこなしてみよう。
*
読んだ本
ジェフリー・ディーヴァー「バーニング・ワイヤー」
ライムシリーズ。
これは今までで一番面白かった。
シリーズ作だからマンネリ化している部分はあるのかもしれないけど、
それ以上に読者の気持ちの揺さぶりの技術が優って爽快。
味方の失態とともにひどく落胆するし、
その救済が意外性とともに来てくれる気持ちよさ。
エピローグまで完全だった。うーん!
[上書き] [コメント]

[850] 0118
[作者検索] *アップロード画像

yamato 2020/1/18 (Sat.) 22:30:04
人の塗りを真似したい欲求がここしばらくで落ち着いてきたので、
交代に、表現や創作をしなきゃだよなあという切迫感が湧いていきた。
しかしこの切迫感はただの泥沼の入り口で、
自分の絵の本質はファンアートが描きたいだけなんだ、というのを
以前この日記に記した覚えがあるから、
あえて切迫し沈没すべきではないんだよなー
まあしかしできないことはできるようになった方がいいね、
楽しい楽しくないに関わらず。

Re:0118
yamato 2020/1/21 (Tue.) 22:58:17
年末のNHKの「椎名林檎お宝アーカイブズ」が面白かった。
CD持ってる曲でもなんでも、ステージが変わればアレンジを変えてるから
全部新鮮な感じ。
「創作の発想はどこから?」みたいな質問に、
「お寿司とか日本料理とか」という答えが面白かった。
日本料理のコース構成をセトリと呼んでいる感性がなるほどなあという感じ。
全編観られなかったので再放送してほしい。

[上書き] [コメント]

[Sponsored Link]

[OekakiBBS.com配信広告]

[849] 0117
[作者検索] *アップロード画像


yamato 2020/1/17 (Fri.) 00:11:02
最近はずっとデスストで国道作ってるかジップライン建ててるか。

読んだ本
「12番目のカード」ジェフリー・ディーヴァー
ライムシリーズ、飛ばして読んでいなかったところ。
ミスリーディングの手腕が酷すぎるほどに冴える一冊。
主人公の操作の精密さが極まるほどに、
犯人も同様に証拠を残さないことに精密になっていかなければならないという
変な矛盾を孕むシリーズだとは思う。
しかし離席を挟んでも「どのシーンだったか」を思い出させるのがすごくうまい、
以前も書いた感想だけれど。
その理由はなんなのか注視してみたら
●章の始まりごとにきちんと主語を明らかにして書いている(ぼかさない、隠さない)
●主語、目的語の人物は度々フルネームで呼ぶ(代名詞にしない、あだ名にしない)
あたりしかわからないかった。読みやすいんだよなあ。

「ボーン・コレクター」映画化の時に主演がデンゼル・ワシントンでびっくりしたんだけど、
文中に人種の表現はあまりなかったのでまあそういうこともあるのかなあと思った。
この「12番目のカード」の中で初めて
はっきりとライムが白人であることに触れていた気がする。

観た映画
「ウォーキング・ウィズ・エネミー/ナチスになりすました男」
タイトルからしてコメディだと思って借りてしまった節がある。
ガチなやつでした。意外とバレないもんなんだな。

「リンカーン/秘密の書」
これは映画館で予告を見た、「昼は大統領、夜はヴァンパイアハンター」のツッコミがいのあるやつ。
実際は大統領期はそんなにヴァンパイアハンターはしてないので、
国内向けの下手な煽りだったように思える。
裏切りや離反がないので後味が良かった。
アダムの吹き替えの人、あまり知らない人だけど良い声だった。
あと今デスストやってるので、アメリカ創世ものは最後まで見るとグッとくる。
この映画公開時期がスピルバーグのガチな方のリンカーンと被っててかわいそうだった。

Re:0117
yamato 2020/1/17 (Fri.) 00:16:34
サイトトップのアンケート、1/17現在で回答3通、内訳は
見てない。もうRSSリーダーも使っていない。
1
見ている。
1
RSSフィードってなに?
1
という感じです。
まあうちのサイト見てる人自身日に2、3人かなあという感じなので、
フィードの話までしたらそんなもんかなあとも思う。
これは辞めてもいい感じかな〜

[上書き] [コメント]


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [前の5件] [次の5件]

[ngk] [search] [del] [***]

[ ]



OekakiBBS ver.2.83 (C)OekakiBBS.com, All rights reserved.