ngk

[掲示板に戻る]

タイトル :
名前 :
メール :
ホームページ :
削除用パスワード :
cookie reminder
フォント関連のタグが使用できます pass=1789

パスワード
1011
yamato 2018/10/11 (Thurs.) 23:25:43
読んだ本 忘れそう
「犬身」松浦 理英子
犬になる話。
これ犬の話と思って読むと違くて実は10年くらい前にも読んでて
しかも性描写というか性癖描写みたいなのがややえぐめで2回ともちょっと食あたりした。
でもこの朱尾さんというひとはキャラクターとして広く受けそうな人なんよな。
この人主軸でシリーズ小説化してもおかしくないくらい。

「星空から来た犬」ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
犬になる話。
用語説明の無いファンタジーみたいなとこはあった。
起承転結性は弱くて情動的な構造かと思うけど
熱さとか冷たさとか力の強さみたいなものは伝わる文章であった。

「コーンウォールの聖杯」スーザン・クーパー
宝探しの王道。
魔法のある世界なのか無い世界なのかはちょっとあやふやであった。
地道に手がかりをたどって、これ1冊でお話し終わるの、と思ったけど意外とちゃんと終わった。
訳が上手いのか、情景描写が綺麗だと思った。

Re:1011
yamato 2018/10/11 (Thurs.) 23:34:55
私は「半分、青い」は構成がおもしろいと思って一通り観たのだけれど(脚本家のことは知らん)、
あのドラマを否定する人もそこそこいたみたい。
それで気付いたのだけど、
「物語の展開が見抜きやすい」=「感情移入できる」
のように勘違いしている層がいるんだな。
脚本家に感情移入しているという意味では感情移入かもしれんけども。

このドラマ、土曜日の次週予告を構成する映像が、次週の金曜とか土曜の内容からも選ばれていて、
それでいてその予告はネタばれでもなんでもない、みたいな構成がうまかった。
驚くようなことが起きてもそれはオチですらない、みたいな感じかな…。


OekakiBBS ver.2.83 (C)OekakiBBS.com, All rights reserved.