[AYAKATO] [search] [delete] [admin]
[1] [2] [3] [4] [5] [pre] [next]

[..360]

[386] 遊びのマスター
AYA KATO 2014/5/20 (Tue.)
少し前に前に撮った写真。

遊びのマスター、
海に住む宇宙人に会いに:-)

意思疎通できそうなくらい
常に人の空気を読んでるんだなあって
すごく純粋なんだって感じました:-)

本当に、人を楽しませるのが楽しいんだなって。

ショーが終わってイルカの自由時間まで
人とボール遊びをしているイルカたちを見ていてそう想いました。

純粋な子供の魂のままで
技能を積んでいった大人イルカ。

という感じで
とても可愛らしいけど格好よかった。

20年も働いてるなんてすごいな。
ありがとう:-)

[385] さくらと太陽
AYA KATO 2014/4/14 (Mon.)
こちらも五条川の桜です。
まるで天国みたいな空間( ∗ᵅั ᴗᵅั )

あたたかいお日様
包まれる様な青い空
透き通る水の音
華やかで凛としたさくら
新緑のやわらかい大地

桜吹雪と風を感じながら歩いていると
自分がその場に溶けてしまった様な感覚で
本当に気持ちがよかったです:-)

この美しい空間
そこで包まれる幸福感も
すべてぽかぽかの太陽があってこその姿だなと
改めてお日様の大切さを実感するこのごろです。

お日様って
いつでもどこでもすべての存在にあたたかくて
惑星ごと、銀河ごとすべてを育ててくれている。

そこから常に注がれる愛情が
当たり前に感じてしまうくらいに
どんなときでもしっかりと感じられる。

そんな太陽が、私は小さい頃からずっと大好きです:-)

ということをとても感じられた1枚の写真でした( ∗ᵅั ᴗᵅั )

[384] さくら02


AYA KATO 2014/4/14 (Mon.)
こちらは五条川の桜です:-)
ここの桜は、とってものびのびしてる感じがして大好きです。

メイン通りは人が大勢いるけど
上流まで少し歩くと人が本当にいなくて
川の音と鳥の声だけになって
そこを歩くのがとても幸せ( ∗ᵅั ᴗᵅั )

今年は、片道8キロを歩くお花見でした。

[383] さくら01


AYA KATO 2014/4/14 (Mon.)
今年見つけた、家の近くの桜並木のさくら:-)
2週間前に撮った写真です。

桜を感じながら作品のアイデアを考えていたら、
「こんな素敵な国に生まれて私たちは本当に幸せだね」って
かなり年配のおじいさんおばあさんが嬉しそうに話していました。

世界中に桜の花はあると想うと
きっと世界中でこうやって幸せな気持ちを感じている人が
今たくさんいるんだろうなあ・・・
ってじーんとしながら
この感じを作品に込めてみたいと想いました。

満開の桜を見て、幸せな気持ちになれる
それと同じ様な気持ちを感じられる作品にしようって
そこから生まれてくるアイデアを大切にします:-)

[382] アインソフのさくら


AYA KATO 2014/3/25 (Tue.)
今、感じること。
中今の私の祈りです。

春の息吹とともに
生命の喜びそのものの
生命の花が、宇宙全体に咲き溢れている。

宇宙中にこのエネルギーが満たされ、流れている。

なんだか宇宙全体にも春が巡ってきたような:-)

開花の歓喜だけしかない世界。
宇宙大の生命樹から、生命の息吹の風がやわらかく吹いてくる。

春の息吹。生命の喜びの歌。

すべての存在が今、花開きますように。

そう祈りながら地球を思い浮かべると
そのエネルギーが地球へと注がれていく様な感じがして
地球色の花々が水の中から
水滴とともにきらきらと花開いてきて。

地球全体が、花の惑星になりました。


という祈りです。イメージワークでもあります。

私は実際に感じたことを絵にも描いていますが、
同時にエネルギーのみのイメージワークもよくしています:-)

イメージしてエネルギーだけで描くこと。
イメージしたエネルギーが降りてくることを祈りながら。
どこか想像ごっこと似ているかもしれません。
瞑想に近いワークですね:-)

そうしていると、
自然と仕事で描くアートにも流れが出来てきて、
そのアートがどこからきたイメージなのかが明確になり
とても自然に絵を描くことができます。

エネルギーワークも絵を描くことも
すべて繋がっているんですね:-)

[381] 近況です

AYA KATO 2014/2/19 (Wed.)
1月下旬から、
食事をしながら制作をする毎日です・・。
今は1日15時間は制作に当てています。
もうすぐ1ヶ月。
今の自分としては結構がんばっているけれど
がんばった分だけいい作品が描けるとは限らないので
何とか集中力だけはきらさないようにしています!:-)

私にとって初めての分野のお仕事なので
どういう感じになるのかとても楽しみですが
今はとにかく完成だけを目指してがんばります!!
ここからが正念場ですね。
切羽詰まっても、
最初に目指したビジョンだけは絶対見逃さないように描きます。

3月中旬まで、このような生活なので
facebookやメールのお返事が、
現在すごく遅れています・・
本当に申し訳ありません><;;

オリンピック、みたい・・・。
フィギアスケート女子だけは、なんとか見る予定です。
浅田真央選手の美しさを心に焼き付け、
自分のパワーへと生かしていきたいと想います:-)

すべての選手にとって最高の演技ができますように。

[380] 生まれたものたち
AYA KATO 2014/1/27 (Mon.)
「セントラル・サンから生まれたものたち」

昔々、すべてがまだみんな眠っていたころ、
その目覚めを待っているものがいた。
一番最初の存在、一番最初のエネルギー体。

その存在の名は、最初の創造者。

セントラル・サン、そのものであり、すべての生命の源だった。
そして、すべての生命のハートの核をなすもの。

最初の創造者である彼は、夢見た。
自分のスペースに、無限に広がる子供たちが歓喜している世界、
無限に進化しつづける世界を。

そして彼は、たくさんの子供たちを創造した。
彼(セントラル・サン)から生まれた子供たちは、
みな中心に内なる太陽(セントラル・サン)を持っていた。
光のDNAを、みな宿していた。
そして自分がどこから生まれて来たのかを知っていた。

子供の遊び場である宇宙は、創造者の身体だった。
子供たちは、みな、創造者と同じ創造力を持ち、
たくさんの創造を行い、たくさんの子供たちが生まれでた。

宇宙が賑やかになってきた。
創造者の身体である宇宙は、色とりどりに輝いていた。

創造者は満足していた。

けれども、いつしか子供たちは、創造に夢中になり、
生みの親を忘れてしまった。
どこから生まれて、どこへ向かって行くのかを。
迷子になった子供たちは、核からの創造も行えなくなっていった。
退化が始まった。

たくさんの時が流れた。
宇宙には、様々な存在が生まれていた。
様々な創造が行われた結果があった。
退化の方向が進んでいた。

呼吸のリズムが繰り返すように、
宇宙にも進化と退化(停滞)のリズムがある。

今、退化のときを終わらせて、
進化の方向へのリズムとなるときがやってきた。

その切り替えとは、
それぞれの核を取り戻すこと。
核とは、ハートの奥にある、創造者のDNA。
セントラル・サンのDNA。

すべての子供が宿している、かけがえのない唯一の絆。


「Come from Central Sun」

When all were still sleeping once upon a time, what is waiting for the waking was.
Existence of the very first, very first energy.

The name of the existence is the first creator.

It was Central Sun and was a source of all the lives.
And it makes the core of the heart of all the lives.

He who is the first creator dreamed :
The world where children continue shining infinitely.
The world of continuing evolving infinitely.

And he created many children.
All the children born from him (Central Sun) had the sun (Central Sun).

All the children had DNA of light(Central Sun).
And children knew where one would have been born from.

The universe which is a child's playground was the creator's body.
All children had the same creativity as the first creator, and performed much creation.
Many children were born.

The universe is becoming busy.
The universe which is a creator's body was shining various.

The first creator was satisfied.

However, unawares, children became absorbed in creation and forget a real parent.
Children are where to be born from where and to go.
It became impossible for the children who became a missing child to also perform creation from a core.
Degeneration started.

Many times passed.
Various existences were born to the universe.
There was a result to which various creation was carried out.
The direction of degeneration was progressing.

There is a rhythm of evolution and degeneration (stagnation) also in the universe
so that the rhythm of breathing may repeat.

Now, the time of degeneration was finished and the time of becoming a rhythm to the direction of evolution came on.

The method of the change should regain each core.
A core is DNA of the first creator in the inner part of the heart.
DNA of Central Sun.
The irreplaceable only bonds which all the children are conceiving.

[379]


[378] HANANOKI
AYA KATO 2014/1/21 (Tue.)
「 HANANOKI 」

2014年のバレンタイは、
「花まほろ -嵯峨乃彩-」と「HANANOKI」
2ブランドのショコラが発売されています ʕ •ᴥ• ʔ ♡

HANANOKIは、
中部地方の魅力を詰めたショコラになっていて、
中部のイオン限定商品になります。
(愛知、岐阜、三重、静岡のイオン)

内容は、
西尾(愛知)の抹茶ショコラと、
紅ほっぺ(静岡)の苺ショコラ。

中部地方それぞれの県花をモチーフに描かせて頂きました。
緑色の方は、愛知・岐阜。
桃色の方は、三重・静岡。
四角いショコラの上にも、県花がそれぞれ飾られています:-)


作品は、中部の花魂をイメージして。

遥か昔からずっと、それぞれの土地を彩ってきた花たち。
どんなときでも季節の巡りとともに咲いて、
人の心を穏やかに幸せにしてくれる存在。
自然の造形の美しさを、本当に自然なかたちで感じさせてくれます。

"幸い"
というやまとことばの語源は、
”心の中にいっぱい花が咲き溢れているように感じること = さきはひ"
からきているそうです。

日本人にとっての幸福感とは、
昔から自然世界と密接に結びついていることを
やまとことばの語源をいろいろと調べいてものすごく感じました。

その感覚をもっともっと現代の生活の中へ
言霊の意味とともに浸透させていけたらなと
そのような気持ちを込めて、この作品を描きました。
「花魂」です。

できるだけ自然な美しさを目指しました:-)

[377] 花まほろ

AYA KATO 2014/1/17 (Fri.)
「 HANAMAHORO 」

2014 Valentine chocolate

This is the world of YAMATO which I feel.
YAMATO for me is a figure of the earth of the natural posture which harmonized with the universe.

I drew the 4 worlds of the "beauties of nature"
= "kachofugetsu"

The world of a flower.
The world of a bird.
The world of a wind.
The world of the moon.

This work is the world of the moon.



「 花まほろ 」

2014 バレンタインチョコレート

2014年も嵯峨乃彩チョコレート、発売します。
今年からブランド名が新しくなりました:-)


”花まほろ”

花が歌い
風が舞う
鳥が踊り
月がささやく

まほろばに響き渡る
春の歌声
”花まほろ”の世界


昨年までは、源氏物語・竹取物語と文学世界が中心でした。
今年は日本そのものを
日の本に宿る大和世界そのものを描きたくて
日本の大自然をテーマに選びました。
すべてと大調和した自然世界を:-)

大自然の一部としての自分自身を感じてみると
空間全体の中心に自分のハートがあって
その周りを色とりどりの世界が駆け巡っている。

万華鏡の模様のように、
それぞれのエレメントが繋がったり離れたりして。
次々と輝きを変えていって、新しい色と形が次々に生まれてくる。
常に美しく変化し続けている=進化
これが私がイメージする、大調和の世界です:-)
大調和から生まれる喜びが、進化の原動力になっている、
私はそう感じています:-)

花鳥風月の世界が、その万華鏡世界に近いと感じ
調和によって生まれる喜びの世界を
私なりに表現してみました。

また、
"シンセイ"(新生・神聖・新星・神生)
というイメージも大切にして描きました:-)
この作品を描いていた2013年は、日本全体で遷宮が重なった
とても新生な日の本を感じられる1年でした。

巡りって美しい。
自然が巡るように、私たちの精神や文化も常に巡っていて
それが遷宮として現れ、私たちが伊勢神宮に赴くと、
その行動自体が日本の巡りになっていて。

ああ、エネルギー体なんだなって。笑
そういうのを感じると、繋がってるなって
すごく実感できてものすごく嬉しくなります:-)

作品を多くの方と共有できる場に
心から感謝します:-)


[1] [2] [3] [4] [5] [pre] [next]

password


[AYAKATO] [search] [delete] [admin]

[ ]


OekakiBBS ver.2.83 (C)OekakiBBS.com, All rights reserved.